ビデオマーケティングのYouTube(ユーチューブ)で22個の動画を作ってみた結果

Pocket


どうも、吉竹です。

今回はYouTube(ユーチューブ)で22個の動画を作ってみて
思ったことを書きたいと思います。

今まで動画を作った中で一番印象に残ったのは、
「ZOZOTOWN革命的な発明品!採寸ボディースーツの
ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)!」を作ってみて、
再生数が爆発的に伸びたことです。

チャンネル登録者1人もいない状態で公開して
一晩経ったら1500回を超えたのはビックリしました。

ゾゾスーツというキーワード、すげー!
これならすぐに1万超えるのか!?と思っていましたが、
2日くらい経ったら再生ペースがカクっと落ちて
のろのろになりました。

それでも少しずつ増え続けてます、たまたま当たりの
キーワードを引いて沢山のユーザーに見てもらえたのは、
嬉しいです。

見てくれた方、ありがとうございます!

今は、3250回くらい増えました。

気になる方はこちらへ

「ZOZOTOWN革命的な発明品!採寸ボディースーツのZOZOSUIT(ゾゾスーツ)!」
以外の動画は未だ、再生数が100回も超えていません。

しかし、もうすぐ100回超えそうな動画は1つだけあります。

それは、「危険!エアーコンプレッサーで腸破裂……!」という動画です。

現在、85回ですが、少しずつ伸びてきてますので期待できそうです。

ボクの想像ですが、100回超えるのは、多分、1月10日くらいになりそうです。

さて、この2つの動画以外はなかなか伸びるのは難しいです。

22個の動画を作ってみて、1つの動画は約3250回。

80回以上の動画は2つ。

60回以上の動画は1つ。

30回以上の動画は2つ。

20回以上の動画は4つ。

10回以上の動画は5つ。

10回以下の動画は7つ。

合計で約3740回です。

チャンネルは3人しか登録されていません。

ビデオマーケティングを学ぶためにユーチューブの
テキスト動画のみ作ってみて思ったこと

自分でユーチューブの動画を作るまでは、
スプラトゥーン、実験動画、便利な道具の紹介などよく見てました。

テレビのようにただ見るだけで面白かったですが、
自分で作る側になるとは全く思っていませんでした。

動画を作るのにムービーカメラ、道具、
動画編集ソフトが必要だから面倒。

動画を作るために顔を出さないといけないと稼ぐのは難しい。

声を出さないと再生数が増えない。

・・・など、プライベートの部分が気になって作ろうとしませんでした。

見るのは楽しいけど、作るのは面倒の典型パターンでした、はい。

アフィリエイトを始めて、ビデオマーケティングを学ぶために
プライベート部分が少ないテキスト動画のみしか作らないと
決めました。

実際に何度も動画を作ってみるとある程度の知識があれば、
作り方は難しくないし、簡単に作れるんだなと思いました。

ただ、再生数が稼ぎやすいキーワードとなると
まだコツが掴めてないので難しいなと思っています。

今のところ、伸びそうだなと感じているのは、
アップルのアイフォン、メルカリ、ゾゾスーツなど、物に関するものです。

物に対して認知度が強いものなら無名のボクでも稼ぎやすいかなと見てます。

他にやったのは、サムネイルと終了画面です。

サムネイルとは、動画を再生する前の画像がありますよね?

それがサムネイルです。

サムネイルでメインとなる言葉をかなり大きめに作って
興味を持たせるようにすると再生数が少し稼ぎやすくなると思っています。

こんな感じです。

終了画面は、編集の終了画面とアノテーションで他の動画を紹介することで
他の動画を見てもらえるので再生数が少し上がります。

こんな感じです。

ほんの少しだけしか覚えていませんが、やり方としてはシンプルなので
量をこなして再生数を稼ぐ確率を上げていきたいと思っています。

他にあるとすれば、動画数が50個、超えるまでの間は高評価を5つ欲しいかなーくらいです。

次は、動画数を50超えたら結果を記事で書きたいと思います。


以上になりますが、急上昇キーワードを探しながら動画を
作っていきたいと思っています。

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

友だち追加

   

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください