ネットビジネスで考える2018年の人工知能の現状

Pocket

どうも、吉竹です。

今回は人工知能についてお話をしたいと思っています。

2018年と言えば、ソフトバンクの孫正義が
「2018年にコンピュータは人間の脳を超える。」と予言をしたことです。

なので、今年は、人工知能が大ブームになっても
おかしくはないと思っています。

人間の脳は約300億個のシナプスという脳細胞があるそうです。

その約300億個を超えるほどのコンピュータのトランジスタが出てきます。

トランジスタとは、電気の流れをコントロールする部品のことです。

半導体でできた能動部品の代表と言える重要な部品であり、
いろんな電子回路で活躍しています。

ゲーム機、モニター、マザーコンピュータなど機械に
ドライバーで分解すれば、小さな部品が
いっぱい付いている板が出てきます。

こんな感じで。

その部品が脳細胞と同じと思って下さい。

脳の脳細胞の約300億個をコンピュータのトランジスタのチップの中に
1個のコンピュータチップの中に入ってるトランジスタの数が
人間の大脳の数をいつか越えるほど高性能を開発していくのです。

こんな感じで急成長していくんです。

100年後の世界では、コンピュータが人間のことを
アメーバ以下レベルと見られるらしいです。

なぜ、見られるのか?というと100年後のコンピュータが
人間の脳細胞の1核倍以上の脳細胞を持つようになるからです。

現在の脳細胞の数値では、
人間が300億、チンパンジーが80億、昆虫が100万、
そして、アメーバが1だそうです。

なので、100年後のコンピュータが人間と同じ300億として
100年後の人間がアメーバのように1として見られるってことです。

コンピュータの進化はボク達が思っているより
凄まじい速度で成長していきます。

人工知能のアイドル!?バーチャルYouTuberの世界

日常生活で出会える身近な存在といえば、
LINEのりんな、マイクロソフトのコルタナ、グーグルのGoogle Homeくらいです。

しかし、最近、バーチャルYouTuberという話題が出てきてきます。

どのキャラも個性が強いので見てみるとなかなか面白いです。

キズナアイ、輝夜月、ミライアカリ、電脳少女YouTuber シロ Siro、
バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん、ばあちゃるなど数々のキャラが出てきます。

バーチャルYouTuberの世界に出ているキャラクター達全員が
人工知能ではないと思いますが、少なくともいるかもしれません。

今のところは、人工知能でバーチャルをしている人は
ほとんどいないだろうと思います。

が、1~2年後になれば、本物の人工知能で
作ったバーチャルがどんどん出てくるでしょう。

今のバーチャルYouTuberはモーションキャプチャーという
技術を使っているそうです。

モーションキャプチャーは、現実にいる人間の動きを記録する技術であり、
バーチャルに出ているキャラクター達の中の人の動きに合わせるように
動きながらデータを取っているそうです。

2つの動画でモーションキャプチャーってこんな風に
使って作っているんだ・・・。と分かる動画ですのでご覧ください。

バーチャルYouTuberの内容は大体こんな感じです。

人工知能の使い道は動画や会話だけではなく、
物を作る、検査をするなど役に立つものを開発をしています。

その中で気になることが3つあったので紹介したいと思います。

人工知能に関して大きな飛躍が期待されている3社

・SoundHound(サウンドハウンド)

サウンドハウンドとは、音楽認識検索アプリケーションを作る会社です。

人工知能の音声アシスタントを開発するために
投資家達から7500万ドルくらい調達したそうです。

内容によると、かなり複雑な音声指示に答えることができるという
音声認識と言語理解を合わせて早く答えを出すアプリを作っているという。

例えば、500メートル以内に夜遅くまで開いているラーメン屋はどこ?と
細かい質問をしたらすぐに答えられるそうです。

・Freenome(フリーノーム)

フリーノームとは、
血液や尿など採取しやすい液体からサンプルとして癌を検出する方法を
探し出すことができるものを開発している会社です。

人工知能で血液サンプルを利用して病変組織がどこにあるか?
または、ガンの良性と悪性とどっちなのかを判断することができるそうです。

何千回もの試験でいろんなガンを学習しながら検出したという。

過去の例があれば、人工知能がすぐに判断できるようになれると
手術の対応がしやすいのでありがたいですね。

・Bowery Farming(バウリー・ファーミング)

バウリー・ファーミングとは、
屋内で農作物を育てる垂直農業かできるようにする会社です。

簡単に言うと人工知能で農作物を育てるですね。

グリーンファームという水耕栽培器がありますが、
屋内で野菜を育てるってどんな感じ?って思う人は
公式サイトで見たほうが早いのでこちらへ

人工知能付きの水耕栽培器を開発すれば、
野菜を作るためには理想的な条件とは何なのか?を
学習しながらデータを集めてより良い野菜を作れるようになるので
ぜひ欲しいですね。


以上になりますが、人工知能はネットビジネスを大きく
進化させてくれる存在ですのでそれを上手く扱えるのか?問題ですね。

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

友だち追加

   

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください