ネットビジネスをやっている者なら一応は知っておくべき!インターネット初期時代から知るサーチエンジンの歴史
Pocket

どうも、吉竹です。

今回はインターネット歴史の中の1つ、
サーチエンジンについてお話をしたいと思っています。

今の時代でほとんど使われている検索サイトは、
グーグル、ヤフー、ビング、ディーメニュー、イーチャくらいでしょうか。

その中でユーザー達が一番多く使われている
検索サイトはGoogle(グーグル)です。

2番目、3番目多く使われているのは、
Yahoo(ヤフー)、Bing(ビング)くらいでしょう。

グーグルが一番人気で多く使われている理由は、
「シンプル」だからです。

なぜ、シンプルなのか?

よくグーグルを利用している人なら分かると思いますが、
グーグルのトップページは検索窓とサムネイルのみです。

サムネイルとは、こんなものです。

サムネイルのおかけでよく見かけるサイトの画像をクリックするだけで
すぐにアクセスするんですからすごく便利です。

なのでシンプルで楽で使えるから気に入った人が多いんだと思います。

グーグルの次に人気であるヤフーは、
ヤフーの独自サービスが人気の理由だと思います。

Yahoo!ニュース、Yahoo!知恵袋、Yahoo!ショッピング
Yahoo!買い物ナビゲーター、ヤフーオークションなど
様々なサービスがあるからネットが苦手な人にとっては
使いやすい環境だと思います。

特に買い物が好きな人、年配の人、女性が
グーグルよりヤフーのほうが多く使われているだろうと思っています。

20年後は多分、ヤフーを使う人が減ってグーグルのほうに
向かう人が増えるかもしれません。

今の日本人が愛用している検索サイトは
どれくらいいるのか具体的に分かるために
一応、現在の日本の検索エンジンシェアのデータを貼っときます。

日本の検索エンジンシェア


画像参照:statcounter.com

データから見て、
No.1 Google 67.36%
No.2 Yahoo! 27.96%
No.3 Bing! 3.9%
No.4 Baidu  0.47%
No.5 MSN 0.09%
No.6 その他  0.23%

になっています。

データから見て検索エンジンシェアは、
Google検索が圧倒的に独占しているとハッキリ分かりますよね?

あと、グーグル、ヤフーなど歴史を一応紹介します。

・Yahoo! JAPANのトップページデザイン15年史

・Google以前の検索エンジン

画像参照:SEO Japan

さて、そろそろ本題に入りたいと思います。

インターネット業界を大きく支えた
検索エンジンの歴史について

いちいち説明するよりまず、
ほぼ全ての検索エンジンの歴史が分かる画像を貼りたいと思います。

画像の縦の幅が長いのでしっくり見てみて下さい。


画像参照:SEO Japan

縦が長い画像を見て
思っていたより検索サイトが多いな・・・。
と思っていた人が多いでしょう。

この画像だけで十分に検索サイトが多く載っていますが、
画像にはない検索サイトが多く存在します。

どれくらい検索サイトがあるのかは分かりませんが
自分で調べた範囲で紹介します。

検索エンジンの原点であり、
世界初の検索エンジンであるArchie

Archieと聞いて知っている人はどれくらいいるのか
想像できませんが、知っている人は多分、
パソコンマニアの50~60代くらいでしょうか?

FTPサーバのアーカイブの索引を作り、
特定のファイルを検索できるようにした、
クライアント・サーバ型システムという検索エンジンらしいですが、
検索するのはファイル名であり、ファイルの内容ではないだぞうです。

日本語は対応していないと思いますので
英語で何かを入力すればテキストが出てくるみたいです。

使用例はこちらへ

・Archie

「一覧」の専売特許のサイトいちらん屋

「いちらん屋」の管理人が興味を持った物事の一覧を
気の向くままに広く浅くまとめているサイトです。

検索サイトではありませんが、
検索サイトの代わりにすぐに見たい一覧調べられるので
ある意味で検索サイトと思っていいです。

・いちらん屋

超便利!メタ検索エンジン統合!検索デスク

ひとつの検索窓に入力したキーワードを使いまわして
複数の検索エンジンで検索できることができるサービスサイト。

1996年から開いて約22年になる古い存在です。

・検索デスク

世界中にある検索サイトの紹介

世界中にあちこちある検索サイトを
紹介したいと思っています。

世界地図の1つ、アジア大陸の検索エンジン

・中国検索エンジン

・搜狗(Sogou)

・百度(Baidu)

・360捜索

・神马

・韓国検索エンジン

・NAVER

・Daum

・NATE

・イラン検索エンジン

・farsinet

世界地図の1つ、ロシア大陸の検索エンジン

・Yandex

・Рамблер

世界地図の1つ、ヨーロッパ大陸の検索エンジン

・チェコ検索エンジン

・Seznam

・ベルギー検索エンジン

・ADVALVAS

・ヨーロッパの検索エンジン

・EuroSeek

世界地図の1つ、アメリカ大陸の検索エンジン

・アメリカ検索エンジン

・DuckDuckGo

・Dotdash

・Ask Jeeves!

・A9.com Search Technologies

・Business

・Hotbot

・カナダ検索エンジン

・Canada.com


以上になりますが、サーチエンジンの歴史は
思っているより奥深いので参考程度で覚えておくといいと思います。

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

友だち追加