人工知能時代という新たな時代を理解するためにアマゾンのキンドルで読んだ人工知能(AI)の電子書籍本①

Pocket

どうも、吉竹です。

今回は、キンドルで人工知能という新時代を理解するために
読んでみて個人的にオススメしたいなと思っている本があります。

人工知能(AI)に関する本を10冊紹介したいと思っています。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

AI vs. 教科書が読めない子どもたち
著者 新井 紀子

東ロボくんは東大には入れなかった。

AIの限界ーー。

しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!

これが意味することとはなにか?

AIは何を得意とし、何を苦手とするのか?

AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。

しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた
全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。

AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、
その行く着く先は最悪の恐慌だという。

では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか?

最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

小学生、中学生、高校生の教育者として立場しての人工知能とは?
参考として読みたい方はオススメします。

実践フェーズに突入 最強のAI活用術

実践フェーズに突入 最強のAI活用術
著者 野村 直之

今の人工知能(AI)を正しく理解して活用し
導入効果を最大化するAIビジネス書の決定版

AIブームはとどまるところを知らず、
企業や組織はAI活用の実践フェーズに突入しつつあります。

一方で、AIに関する様々な誤解がいまだに蔓延しており、
深層学習(ディープラーニング)をはじめとする
「今のAI」をどうすればビジネスに生かせるかの理解も進んでいません。

AIは非常に大きな可能性を秘めています。

今のAIを効果的に活用すれば生産性や
ROI(投資対効果)の劇的な改善につながります。

一方でAIは癖のある道具であり、使いこなすには
正しい理解と十分なノウハウが欠かせません。

本書は30年以上にわたりAIの開発や導入・活用を手掛けてきた筆者が、
AIのビジネス活用に必要なすべてを具体的に解き明かす待望の一冊です。

今のAIで何がどこまでできるのかにはじまり、
AI活用の進め方や評価方法、データを確保する手順、
ハードやソフトの選び方、人材育成のやり方までを
豊富な実例で具体的に説明します。

今がAI導入の絶好のチャンス。

ここで決断しないと、国内外のライバルに後れを取ることになりかねません。

自社のAI活用に取り組むIT部門や経営企画部門、業務部門、
顧客企業のAI活用を支援するベンダーやコンサルタントなど、
AI活用に関わる人必携の一冊です。

経済者としてこれからやってくる
人工知能の時代としてのビジネスをどうやるのか?を
気になっている方はオススメします。

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門

いちばんやさしいAI〈人工知能〉超入門
著者 大西 可奈子

これからの時代を生きるすべての人、必読!

■■同僚に、上司に、取引先に、面接官に、子供に、親に、知人に、
【AI(人工知能)ってなんですか?】と聞かれたら、あなたは答えられますか?■■

今や新聞やテレビで「AI(エーアイ)」
(人工知能)という言葉を見聞きしない日はありません。

「AIに仕事を奪われる」というフレーズもよく聞きます。

ですが、いざAIって何?と聞かれても、
「人工の知能って…? 何でもできるロボットみたいなもの…?」と
しどろもどろになってしまう人が多いでしょう。

本書は、やさしい文章とイラストで、AIってなあに?というところからAIの歴史、
機械学習、ディープラーニングなど、AIのキホンを最初から解説します。

数式なし、専門用語なし! 【誰でも・ゼッタイ】わかります。それでいて、
「機械学習」や「ディープラーニング」といった一歩踏み込んだ部分も説明し、
さらに実際にAIを仕事で活かすヒントになるような具体的なことも紹介します。

また、PART2では「AIとシゴト」と題して、
AIでこれからの仕事はどう変わるかを説明します。

そして実際にAIの導入で変わった・変わっていく仕事の一部
(コールセンター、教師、医師、農家、秘書…等々)を、
実例を挙げて解説しています。

人工知能を知りたいけれど、IT系ではない人、普通の入門書でも挫折してしまった人、
かたい文章を読み慣れない人、就職活動中の学生さん、転職を考えている社会人の方、
子供の将来の職業を憂う親御さんなど、とにかく【普通の人向けのAI入門書】です。

これからの時代を生きるすべての人、必読です!

※本書はIT Search+で好評連載中の
「教えてカナコさん! これならわかるAI入門」 をもとに大幅加筆し
(PART2はすべて書きおろし)、書籍化したものです。

https://news.mynavi.jp/itsearch/series/solution/_ai.html

人工知能のことをよく知らないけど、
一から知ってみたいと思っている方はオススメします。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを
備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、
引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルを
お試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

※本書内容はカラー(2色)で制作されているため、
カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。

決定版AI 人工知能

決定版AI 人工知能
著者 樋口 晋也  城塚 音也

AIを制する者がビジネスを制する――。

金融、自動車、製造、医療、教育はどう変わるのか。

通算400以上のプロジェクトに携わってきた
AIのスペシャリストが徹底解説。

AIを目的化してはいけない。

ポイントはあくまでも「AIの技術で、こういうことができないか」
という形で考えることにある。

「AIはビジネスのあらゆる場面に適用できる」とご理解いただけたのであれば、
本書の目的をいくらかは達成できたといえる。

本書で紹介した幅広い情報は、
筆者らが調査、議論、経験を通じて得たものである。(本文より)

1章 AIは社会とビジネスをどのように変えるのか
2章 AIの基礎知識
3章 AIにより変わる産業
4章 AIにより変わる私たちの仕事
5章 ビジネスを加速するためのAI戦略
6章 AIの活用ポイントと法的課題
7章 AIブームはもう終わる

AI技術を利用して人工知能に対して
少しだけプライドがある方はオススメします。

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)
著者 小林雅一

脳科学とコンピュータの融合が私たちの常識を覆す!

自動運転車、ドローン、ロボット兵器、
雇用・産業構造、医療・介護、芸術……。

「自ら学んで成長する能力」を身につけた次世代ロボットは、
人間社会をどのように変えるのか。

はたして、AIに脅かされる職種とは?

AIが「人類を滅亡させる」のは本当か?

いまそこにある「日本衰退」の危機とは?

人間の存在価値が問われる時代の必読書!(講談社現代新書)

人工知能は我々の予想を超えるが、敵になるかもしれないと
危機感を持っている方はオススメします。



いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本

いちばんやさしい機械学習プロジェクトの教本
人気講師が教える仕事にAIを導入する方法 「いちばんやさしい教本」シリーズ

著者 韮原 祐介

●AIをビジネスに導入するノウハウを丁寧に解説

ビジネス上の新しい価値を生み出したり課題を解決したりするときに、
有力な選択肢の1つとなるツールが「AI」です。本書では、
ビジネスにAIを導入するための構想から実装、
運用までの一連の取り組みを「機械学習プロジェクト」と呼び、
実践的な導入方法を丁寧に解説します。

●やるべきことが全部わかる

現在では、AIの利用を後押しするクラウドサービスなども立ち上がり、
環境面では事業に取り入れるハードルがぐんと下がったといえます。

しかし、実際にビジネスで利用するとなると、

「どんな効果があるのか」

「自社に適用できるのか」

「どこから手をつければよいのか」

「誰に頼めばいいのか」

「いくらかかるのか」

……など、わからないことだらけというのが現実ではないでしょうか。

本書ではその「わからないこと」を1つ1つ解消し、
ビジネス課題や新しい価値を生み出すために、
AIを活用する方策を解説します。

人工知能の機械学習に対してビジネス視線として
学びたい方はオススメします。

人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
著者 松尾 豊

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。

日本トップクラスの研究者の一人である著者が、
最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、
知能とは何か、人間とは何かを問い直す。

人工知能は人間を超えてしまうのか?
危機感を持っている方はオススメします。

はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI

はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI
著者 淺井 登

自分で動かすから、よくわかる!専門知識を身につける第一歩!

本書は、今後ますますの発展が予想される人工知能の技術を、
はじめて学ぶための本です。

機械学習をはじめ、ニューラルネットワーク、
遺伝的アルゴリズム、問題解決、ゲーム戦略、
知識表現など、人工知能を支える
それぞれの分野の基礎をつかむことができます。

独特の技術が多く使われている分野ですが、
Excelのサンプルプログラムを体験することで、
その技術を実感できるようになっています。

Excelプログラムは簡単な入力とクリック操作で動くので、
専門知識は不要です。操作を繰り返すことで
プログラムが賢くなっていく様子は、
人工知能技術への大きな期待も感じさせます。

また、本書で取り上げている各論は、
高専5年生向けの授業がもとになっているので、
学生・社会人問わず入門に最適です。

特に、人工知能分野で活躍したい学生や、
将来仕事で人工知能にかかわるかもしれない
理系職種の方におすすめです。

EXCEL、人工知能の入門として
知識を蓄えたい方はオススメします。

AI経営で会社は甦る

AI経営で会社は甦る (文春e-book)

AI革命で「産業構造」「稼ぐ仕組み」が激変する。
企業再生の第一人者による「AI時代の経営論」。

【目次より】

はじめに AI時代の経営とは

技術的にスゴいことと儲ることは違う
L(ローカル)の風とS(シリアス)の風をつかめ
WhatよりもWhen,How,Whoの勝負

第1章 これがAI革命の真相だ

デジタル革命が「バーチャルの世界」から「リアルの世界」へ
「稼ぐ」構造が根こそぎ変わる
産業革命の核心はAIの進化と「S(シリアス)の世界」
大自動化革命ではタブーの少ない日本に勝機あり
オープンイノベーションとブラックボックス化
日本の自動車メーカーは生き残れるか

第2章 なぜ日本企業が有利なのか

ハードとソフトの融合が焦点に
ハイブリッド経営システムを構築せよ
モノづくり日本にチャンスあり
ローカル型産業、中小企業にはもっと巨大なチャンス到来
ターゲティング型の産業政策はもはや通用しない

第3章 日本企業がとるべき戦略

天才技術者を雇うには
一国二制度で異質なものと共存する
プロ経営者の改革がうまくいかない理由
リアルキャピタルからヒューマンキャピタルへ
産学連携で人を育てる

第4章 AI時代のリーダー像・働き方

分断される「Gの世界」と「Lの世界」
真のグローバル人材を目指すには
AI時代に残る仕事、なくなる仕事

おわりに 千載一遇のチャンスをつかめ

人工知能という新技術と新ビジネスとは?
参考として読みたい方はオススメします。

人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?
最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質

著者 山本 一成

2017年4月1日――人工知能「ポナンザ」が現役の将棋名人に公式戦で初めて勝利した日を、
その生みの親である著者は次のように振り返ります。

「この日は、コンピュータ将棋の世界にとって記念すべきものになりましたが、
同時に改めて、人間と人工知能の違いを認識させられた日ともなりました。
本書で紹介してきた人工知能(ポナンザ)の特徴と、
世界に意味を見つけ物語を紡いで考えていく
人間の思考法の限界が明確に表れたのです。」

本書の魅力は、このフレーズに象徴される「人工知能と人間の本質的な違い」
そして「知能と知性の未来」を、
◇プログラマからの卒業
◇科学からの卒業
◇天才からの卒業
◇人間からの卒業
という4つの章で見事に段階的に説明している点にあります。

そしてもう1つの読みどころは、
著者が研究の最前線で遭遇した驚くべき事象や、
囲碁・将棋のプロ棋士たちの人工知能への
反応を鮮やかに記述していること。

なぜ、将棋の名人が人工知能に負けたのか?
具体的に知りたい方はオススメします。


以上になりますが、人工知能の時代を乗りこなすためには
本でちゃんとした知識を蓄える必要がありますので
1つ1つしっくり読んでみるといいです。

他に紹介したい記事も載せます。

・キンドルアンリミテッドで本を読んでネットビジネスの流れを掴んで金を稼ごう!

・ネットビジネスの知識に役に立つ電子書籍リーダーのKindle Oasis(キンドルオアシス)

・人工知能時代という新たな時代を理解するためにアマゾンのキンドルで
読んだ人工知能(AI)の電子書籍本②

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

友だち追加

   

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください