パソコンの革命を起こしたアップルの創業者スティーブ・ジョブズの名言
Pocket

どうも、吉竹幹太です。

今回はビジネスを成功した
スティーブ・ジョブズの名言を
書いていきたいと思っています。

マインドセットに約立つ
スティーブ・ジョブズの名言25選

・ハングリーであれ、愚かであれ。

・最高の製品だから、最高の発表をしなければならない。

・僕たちは考え直さなきゃいけない。マイクロソフトが敵か味方だという考えは捨てないと。
アップルが元気になる方が大事だ。

・死は古いものを取り除き、新しいもののために道を開いてくれる、生命にとっての変革の担い手。

・ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。

・素晴らしい仕事をする唯一の道は、それを好きになること。

・抽象的思考や論理的分析よりも、直感的な理解や意識の方が重要だと気づいたんだ。

・大事なのは量より質。2塁打2本より、1本のホームランの方がずっといい。

・時として人生には、レンガで頭を殴られるようなひどいことが起きる。
しかし、信念を失ってはいけない。

・絶対にマネのできない、マネしようとすら思わないレベルのイノベーションを続けろ。

・他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。

・仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。

・私がここに戻ってから、当社を呑み込もうとする連中がいなくなった。
どんな味がするのかと恐れているのだと思う。

・将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。
だから、いつか点がつながることを信じなければならない。

・私はアップルの経営を上手くやるために仕事をしているわけではない。
最高のコンピュータを作るために仕事をしているのだ。

・先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。
だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。

・盗んだものを驚くほど効率的に配布できるシステムがある。
インターネットと呼ばれているシステムだ。インターネットが閉鎖される可能性はない。

・私は断言できます。もし私がアップルをクビになっていなかったら
こうしたことは何一つ起こらなかっただろうと。
それは苦い薬でしたが、患者には必要だったのでしょう。

・創造的な人生を送りたいと思うなら、あまり過去を振り返るのはよくない。
自分がしてきたこと、自分という人間をそのまま受け入れ、
それを捨て去らなければならない。

・フォーカスグループによって製品をデザインするのはとても難しい。
多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ。
私はずっと自分たちの事業に関わる主要技術を保有し、自由に操りたいと思っていた。

・すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。
まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。
心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

・当時は分からなかったが、アップル社に解雇されたことは、
私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。成功者であることの重さが、
再び創始者になることの身軽さに置き換わったのだ。何事につけても不確かさは増したが、
私は解放され、人生の中で最も創造的な時期を迎えた。

・あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。
ドグマ(教義、常識、既存の理論)にとらわれるな。
それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。
他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。
そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。
それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。
それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

・知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。
私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、
他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、
私たちは常に何かを受け取っているということです。
そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しが
できるようなものを作るのはすばらしい気分です。

・「自分はやがて死ぬのだ」と意識することは、
私が人生で重大な選択をする際に手にしたツールの中で最も重要なものです。
なぜなら、ほとんどのこと――外部からの期待、自分のプライド、
屈辱や挫折への恐怖――こうしたことはすべて死に直面すれば消えてなくなり、
本当に重要なことだけが残るからです。

ネットビジネスで役に立つジョブス流のファッション哲学

スティーブ・ジョブズの服装のイメージは、
黒いタートルネック、藍色(あいいろ)デニム、白いスニーカーと
思っている人がほとんどでしょう。

その服装は、亡くなる前から10年くらい同じ服装で着てきたそうです。

なぜ、同じ服装を10年くらい続いていたのか?

それは、昔、日本でソニーの厚木工場を見学したきっかけがあったからです。

従業員全員が同じ作業着を着て仕事をしていること様子に気になって
ソニー創業者、盛田昭夫氏に「なぜ同じ服装なのか?」と質問しました。

盛田昭夫氏はこう答えました。

「第二次大戦後、日本人は着る服もなかった。
だから会社が従業員に作業着を制服として配らなければならなかったのです。
でも今では、この制服が従業員と会社をつなぐ存在になっている。
制服を着ることで、ソニーの一員ということを実感することができるんですよ。」と。

感動を受けたジョブスは、アップル用の制服を取り入れることにしました。

しかし、アップルの人達に猛反対されました。

それでも諦めなかったジョブスはせめて自分だけの制服を作ろうと考えて、
ソニーの制服を作成していたファッションデザイナーの三宅一生氏に
制服の特注を依頼しました。

そこからノームコアスタイルの生活を始めました。

ノームコアスタイルを知らない方は軽く説明します。

ノームコアスタイルとは、
シンプルさを求めるためにデザイン性が高いとかおしゃれとかを
捨てた「普通」という意味を極めたファッションスタイルである。

ノームコアスタイルを覚えてからシンプルに生きることを決めた思っています。

そのシンプルさがプレゼンテーションの天才になったんだと
ボクは思います。

以上になりますが、ジョブスのシンプルさがネットビジネスの成功に
大きな助けになれると信じています。

他の記事も紹介します。

・スティーブ・ジョブスのスピーチ

・SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を作り出した
フェイスブックの創業者マーク・エリオット・ザッカーバーグの名言

・投資の神様という名を持つ世界の大富豪、投資家のウォーレン・バフェットの名言

・優秀なOS(オペレーティング システム)を開発した世界一の大富豪、
マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツの名言

・グーグル先生を生み出すきっかけを与えたGoogleの創業者ラリー・ペイジの名言

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

友だち追加