【番外編】スプラトゥーン2でeスポーツの発展を支えていく道を決めたムカンシーの覚悟
Pocket

どうも、吉竹です。

今回はかなり個人的な内容になりますが、
eスポーツの発展を手伝いしたいと考えている
ムカンシーについてお話をしたいと思います。

ムカンシーはなぜ、eスポーツの発展を考えてるのか?

それは、正社員になれる可能性が絶望的だったからです。

働いて最終的に幸せになれるものは
何なのか?を考えた結果
eスポーツの道を見つめ始める


正社員になるために転職活動で
自分で働ける仕事を探していましたが、
転職カウンセラーに痛い現実を言われました。

「正社員になることは不可能です」と。

なぜ、不可能なのかというと
会社に入ったらそういう仕事がしたいという
気持ちがハッキリ出来ていないから長期的に見ると
失敗するなとカウンセラーに思われたからです。

家庭や自分の時間のために働くという理由が
カウンセラーにとってはその生き方は幸せになれないだろうと
判断して正社員にならないほうがいいと言ったと思います。

考え方を少し変えたら正社員になれる
可能性がグッと高くなるかもしれませんが、
会社に関してはしたいことがないムカンシーにとっては、
広すぎる世界だそうです。

どうすればいいのか分からないと悩み続けた
ムカンシーにあるニュースが来ました。

それは、障害者がプロゲーマーを目指せる
養成所「One Game」を開設するというニュースです。

「One Game」を開設した理由は、
eスポーツという大きな舞台で健常者と対等に戦える
新しい場になるかもしれないと考えていたからです。

ニュースはこちらです。

障害者がプロゲーマーを目指せる
養成所の公式サイトはこちらへ

「One Game」という希望の光を見つけたきっかけで
聴覚障害プロゲーマー(デフゲーマー)を目指す道へ

「One Game」を開設したニュースで、
一度挫折をしたスプラ2動画投稿をもう一度頑張ってみようと思い、
「ムカンシーmukanshi_deaf gamer」というアカウントを
新しく作って再活動しました。

・ムカンシーmukanshi_deaf gamer

ツイッターも動画投稿専用アカウントとして作っています。

・ムカンシー@mukanshi_deafgamer

連絡用アカウント

・ムカンシーdeaf

新しく作ったアカウントでこれからやることは、
スプラトゥーンに関するのみプレイ動画をメインとして
動画投稿をしていくことです。

今は援護の立ち回りを覚えるために
苦手なチャージャー持って練習をしています。

チャージャーの使い方を覚えなから練習している様子です。

チャージャーの立ち回りを
しっかり教えてくれる人がいます。

今はまだまだプロに通じるほど実力を持っていませんが、
援護する立ち回りを分析していきながら磨いています。

それと本人の希望で、
通話は難しく連携ができないという問題に対して
通話は必須か?をアンケートしたツイートを拡散します。

最終的にムカンシーが目指している道は、
プロのデフゲーマーとして活動しながら
バイトで生活していくつもりです。

バイトに関してはあくまで考えている事ですが、
ゲーマー関連にあるeスポーツカフェで
働いていこうと考えています。


以上になりますが、
聴覚障害ゲーマーがプロゲーマーになって
eスポーツの発展を支えたいという道を歩く覚悟を決めた
ムカンシーに友として応援していきたいと思っています。

どうか、ムカンシーの活動に応援をしてやって下さい。

このブログだけでは言えない
ネットビジネスの裏技を伝授することができます。
稼ぐための裏技や考え方を
メルマガやLINE@で配信しています。

まだの場合はメルマガを
こちらからご登録下さい。

LINEは「@lfl9691b」で検索するか
下のボタンから追加することで
100万円相当のプレゼントを
無料ですぐに受け取れます。

アフィリエイトに関する
100万円相当のプレゼント

友だち追加