2018年 3月 の投稿一覧

アフィリエイトという自由な仕事でLGBTという性的指向と性自認の認識を深めて認められていく時代を!

どうも、吉竹です。

今回は、LGBTについてお話をしたいと思っています。

みなさんは、LGBTを知っていますか?

今はまだまだLGBTに対して認識が深くない世間ですので
知らない人のほうが多いと思います。

LGBTの意味は4つあります。

1つ1つ説明をしていきたいと思いますので、
参考程度で理解して頂けたらありがたいです。

続きを読む

ネットビジネスのアフィリエイトを本格的に始めて6ヶ月


どうも吉竹です。

今日はアフィリエイトを本格的に始めて6ヶ月になって
思ったことを書こうと思っています。

6ヶ月目のときは、
出来るだけネットビジネスに関する記事を
書くように意識しながら記事を増やしてきました。

しかし、6ヶ月目の目標である
「記事の数を80記事超えること」は達成できませんでした。

その他に色々反省点が目立ってしまいました。

続きを読む

異議あり!元犯罪者である前科者に対して差別をする社会への疑問


どうも、吉竹です。

今回は、前科者についてお話をします。

初めにみなさんは、前科者という
言葉のイメージってどんな感じでしょうか?

ほとんどの人は、すごく悪いイメージをしているでしょう。

特に日本は「前科」「非常識」などレールから外すような
キーワードに対して厳しい国です。

なぜ、日本はレールを外すような行為を激しく嫌うのか?というと
失敗を許さない社会だからです。

個人的な考えですが、
なぜ、日本は失敗を許されないのか?
その原因の原点のほうを探ってみると「腹切」という
キーワードがありました。

続きを読む

「液晶のシャープ」呼ばれた大手電機メーカー、シャープの創業者・早川徳次の名言


どうも、吉竹幹太です。

今回はビジネスを成功した
早川徳次の名言を書いていきたいと思っています。

続きを読む

インターネットで学校に通う時代へ!通信制高校というアフィリエイトの可能性

どうも、吉竹です。

今回は、通信制高校について、
お話をしたいと思っています。

日本で通信制高校って知っている人は
どれくらい要るでしょうか?

知らない人のほうが多いだろうと思います。

通信制高校は元々、働きながら
勉強したい人のために作ったものです。

が、今は引きこもりだけど勉強したい人、発達障害を持つ人、
高校を中退した人、学業不振で卒業が難しい人など
色んな人が通っています。

続きを読む

インターネット歴史に名を残した2ちゃんねる創設者・西村博之の名言


どうも、吉竹幹太です。

今回はビジネスを成功した
西村博之の名言を書いていきたいと思っています。

続きを読む

【番外編】ムカンシーとペアでスプラトゥーン2でユーチューブ動画を作成しながらリーグチャレンジ!


どうも、吉竹です。

今回は、ネットビジネスに関するものが弱いかもしれませんが、
ユーチューバーでビデオマーケティングとして一応やっています。

ムカンシーという親友と2人でペアを組んで
リーグマッチに参加して動画を作っていますので
協力者として紹介したいと思っています。

まず、ムカンシーは、ユーチューブのユーザー名として
動画を作っている者です。

続きを読む

無駄な行動を捨てる方法を覚えて、ネットビジネスに集中しやすい環境を作ろう!

どうも、吉竹です。

今回は集中しやすい環境についてお話をしたいと思っています。

ネットビジネスをしているみなさんは、
集中しやすい環境を作っていますか?

集中しやすい環境を作っているのと作っていないのと
差が天地の差と言えます。

まず、ネットビジネスがうまくいかない人は、
忙しいから時間がないという悪循環にはまり込んでいませんか?

ネットビジネスを始めたのはいいけど、仕事や家庭が忙しくて
時間がないなあって思っている人が多いですよね?

ネットビジネスを始めるスタート時期は、
時間が上手く取れないのは仕方がないと思います。

続きを読む

映像と音楽の分野を極める会社を目指した、ソニーの創業者・盛田昭夫の名言


どうも、吉竹幹太です。

今回はビジネスを成功した
盛田昭夫の名言を書いていきたいと思っています。

続きを読む

中毒性が高い系のアフィリエイトになるかもしれないスポーツベッティングという新たな“ギャンブル”


どうも、吉竹です。

今回は、スポーツベッティングという
ギャンブルについてお話をしたいと思っています。

スポーツに関わるキャンブルといえば、
競馬、競輪、競艇、オートレースなど競争ですね。

キャンブルに関するものをタブーにしているスポーツといえば、
野球、相撲くらいですね。

しかし、日本では、スポーツとキャンブルに
混ざることを好まない人が多いです。

日本だけではなく、世界も不快を感じる人もいるでしょう。

続きを読む